忍者ブログ
絶対負けんぞロアッソ、アビスパ、サガン、トリニータには。早よ上がって来いVファーレン、レノファに、その他JFLでの同志たち。麺好き男「フカヒレスープ」が送るギラヴァンツ北九州応援の日々を綴ったブログ
[30]  [29]  [28]  [26]  [25]  [17]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニューウェーブ北九州を彩った男たち<2>

FW植木亨

北九州の得点源

 第1回から随分、間が空いてしまったが、まあとにかく第2回です。

 第2回はFW植木亨。2002年にMF大塚隆二、MF山本洋平とともにアルエット熊本(現ロアッソ熊本)より加入。名門福岡大出身のストライカーで、引退する2005年まで、ゴールを量産して北九州の勝利に貢献してきた。

4位浮上に貢献
 どれほど頼れるストライカーであったかは、記録を見れば一目瞭然。

2002  3得点
2003 25得点
2004  6得点
2005 12得点
※参考:kitakyu11.com

 03年の25点が燦然と輝く。北九州はこの年、過去最高(当時)の4位の成績を残した。

 残念だったのが翌04年。大黒柱として大いに期待されたのだが、開幕前に顔面骨折の大けがを負ってしまう。開幕に間に合わず、ほおにチタンプレートが入ったまま、シーズン途中からチームに合流。それなのに、試合中のけが(確か、膝の靭帯を痛めたんじゃなかったかな)で再び戦列を離れる不運なシーズンだった。6得点に終わったが、もしこの年、植木も含め、万全のチーム状態だったなら、もう少し早くJFLが見えていたかもしれない。

永遠の背番号9
 正攻法でゴールを狙うかと思えば、トリッキーな動きも得意で、相手DFを翻弄。もちろん球際にも強く、ダイレクトでも巧みに合わせるし、混戦になれば目の前にあるボールはとにかくどんな形でも押し込んでくれた。FW井手田文和とのコンビや、MF大塚とのホットラインは九州リーグ屈指だった。

 最後のシーズンも12得点。池元(現・横浜FC)らとのコンビで活躍した。今でも私の心の中で、ニューウェーブ北九州の9番といえば、この男だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ギラヴァンツ北九州提供ブログパーツ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
遠征の際に便利


プロフィール
HN:
フカヒレスープ
性別:
男性
職業:
会社に金で雇われている
趣味:
麺喰い
自己紹介:
1973年3月生まれ。茨城県出身

*このブログへのリンクはフリーです

Powered by NINJA TOOLS



ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
最新コメント
[05/16 Backlinks]
[01/14 rball_japan]
[09/04 フカヒレ]
[09/03 ぱぽん]
[07/27 フカヒレ]
最新TB
お天気情報
J公式パーツ
J公式によるギラ情報
忍者ブログ [PR]