忍者ブログ
絶対負けんぞロアッソ、アビスパ、サガン、トリニータには。早よ上がって来いVファーレン、レノファに、その他JFLでの同志たち。麺好き男「フカヒレスープ」が送るギラヴァンツ北九州応援の日々を綴ったブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2-4 VS「TDK SC」@秋田市八橋運動公園陸上競技場

 福岡→伊丹→秋田と飛行機に乗って、やって来ましたよ、秋田。大学4年の時に来て以来だから、恐らく15年ぶりぐらいになるな。

 福岡→伊丹で乗った飛行機と、伊丹→秋田で乗った飛行機は同じ。なので、乗り継ぎに際しての心配がなくてよかった。伊丹までの飛行機が着かないことには、秋田行きの飛行機は飛ぶはずがないわけだからね。

 会場は八橋。やばせ、と読む。着いたはいいが、駐車場が満車状態で焦る。体育館や野球場の利用者も止めるので、意外に駐車場が不足気味のようだ。それでもどうにか駐車スペースを探し当て、スタンドへ。

 ETC利用部隊などを含め、声出し隊は15人ほど。遠い所まで、よく集まったなあ。新潟や関東方面からも来ていたと思われる。スタンドにはそのほか、関のばあちゃん(秋田の大館在住らしい)ご一行様もいらっしゃっていて、声援を送っていた。
28d5416a.jpeg

 スタメンは最近おなじみの顔触れ。さあ、きょうも頑張るべえ、と最初のチャントを歌い始めたところで、いきなり失点した。北九州陣内で相手選手がボールをキープ。その選手とゴールの間に、すこーんと道が開けていて、あそこに撃たれたらどうなるんだろうと見ていたら、その通りに撃たれた。グラウンダーのミドルシュート。水原が左に飛ぶが全然届かない。入っちゃったよ。

 おいおいおい。6連勝中のTDKの勢いに、いきなりやられてしまったではないか。

 まあでも、始まったばかりだ。まずは気持ちを切らさず、反撃態勢を整えよう。と気持ちを落ち着かせようとするが、すぐまた失点。4分、CKから簡単に頭で合わされた。いきなり2点差。まあでも、三菱水島に3点取られたぐらいだから、こんなこともあるだろう。時間はあるんだし、3点取り返せばいいだけだ。とにかく、気持ちは切れずに頑張ろう。

 そこからさあ、反撃だ。13分、相手陣内でFKを得て、最後は中嶋が押し込む。よっしゃ、1点差だ。と思ったら副審が旗を上げている。あぁーぁ、オフサイドかよ。
347436e6.jpg
 いい攻撃だっただけに残念でならぬ。返すがえすも残念。

 これで命拾いしたホームTDKはさらに勢いに乗る。15分、TDKが結構遠い位置、中央付近からFK。ぽーんとゴール前に長ーく送ったボールに頭で合わされて、これがまたゴールに吸い込まれた。なんと3点差に。信じられない展開に目を疑うが、間違いなく現実の出来事だ。でも三菱水島に3点取られたぐらいだからな。今回は4点取ればいいだけさ。あと75分も残っているんだから。

 すると20分、ばあちゃん一行の応援を受けていた関が、ペナルティエリア内で倒された。すかさずホイッスル。よっしゃPKだ。この時間に1点返せれば、だいぶ楽になるぞ。

 で、佐野がPKを蹴るが、なーんと止められた。右に蹴ったが、相手PKに読まれて弾かれた。おーぅと頭を抱えるサポ陣。逆に喜びの歓声に沸くスタジアム。そうか、ここはアウェーだったのだな、という感を今さらながら強くする。
9f079617.jpeg
 得点シーンとして撮影したはずの1枚なのに・・・。

 前半終了間際には、ゴール前にいい感じで折り返したボールに冨士が頭で合わせたが枠外。3点差のまま後半へ。

 後半も開始早々にいきなりピンチを迎えたが、水原が的確に間を取って、相手のシュートを弾く。危ない、危ない。いつも有難う水原。

 すると直後にチャンス。後半開始から登場した宮川がドカンとシュート。ゴールの上だったが、明らかに宮川1人で流れが変わった雰囲気だ。これはなんだかいけそうだぞ。

 この予感は的中。3分、宮川がまたしてもドカンとシュート。相手GKが弾いてCKに。このCKのボールは防がれて中盤辺りまでこぼれてきたが、CKを蹴った佐野が追いついて、すかさず的確に前線に返す! 大島がどんぴしゃりのヘッド! まず1点だ。 すげーな。距離感は全然違うが、スピード感と正確性は、バレーのBクイックみたいだった。
e46a060e.jpeg
 よーし、サポ陣にも活力がみなぎる。

 この調子でどんどんいく。7分にはクロスに合わせた中嶋が押し込むがまたしてもオフサイド。むむむ、これもいい形だったのになあ。残念でならぬ。

 しかし9分、今度こそは正真正銘のゴールだ。宮川が折り返したボールに中嶋が合わせた。1点差。宮川投入が大的中。よーし、うちの時間が続いている間に、まずは追いついてしまえ。
2a7b3fd5.jpeg
 頼むぞ、逆転にはあと2点だ。

 16分には中嶋が、大島との連携でゴールに迫るが、相手GKと交錯。あー、あともう少しなのに、惜しいなあ。

 この後ぐらいから、展開がちょっと落ち着きだした。後半に入ってからの怒濤の時間帯はいずこへ。振り返れば、この後半の序盤に追いつけなかったことが、響いたわけだなあ。それ以上に、前半の立て続けの失点が痛かったのはもちろんだが。

 後半25分には、あわやのシュートを食らうがクロスバーをこすって上方へ。おおー、命拾い。しかし同31分のピンチはしのげなかった。右サイド(相手から見て左サイド)から折り返されると、中央やや左(相手から見てやや右)にいた、どフリーの選手に難なく決められた。4失点目。致命的だが、まだ時間はあるじゃないか。開始15分で3点取られたことを思えば、うちにだってそれぐらいの爆発力はある。

 36分には大島に代えて佐藤を投入。その前には川鍋を投入したいたので、これで交代枠は全部使い切った。あとはとにかく、みんなで何とかするよりない。

 そうしたら、PKをもらった。蹴るのはもちろん佐野。だが、なんと、またも止められた。佐野が2度も止められるなんて信じられないが、紛れもなく現実の出来事だ。

 そのまま終了。2-4で完敗。どうにもならなかった。昨年の「にかほ」での勝利は見ていないし、個人的には東北ではいい思い出が全くないままだ。

 記録を見ると、シュート本数はうちの20本に対して、TDKは7本。しかもTDKは前半、シュートは3本だけ。つまり、前半は失点以外のシュートは1本も食らっていなかったということになる。あーぁ、何ともならんやったんやろうか。

 これで順位は4位で、5位との勝ち点差は1。ぎりぎり参入圏内に残った。残りは3試合。うち2試合はホームだ。J参入へ土壇場のこの状況で、今度こそ”スター性”を見せてくれよ。
66e05df2.jpeg

<update 2009.11.15 08:34>

PR
2-1 VS佐川印刷SC@京都府立山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場(京都府宇治市)

 昨年の佐川印刷戦は西京極だったが、今年は太陽が丘。もちろん初めて訪れる。サポはどれぐらい来るのかなー、と思っていたが、居ても立ってもいられない気持ちは、みんな同じだったんだろう。次々に同士と出会う。イカスミさん親子にもバスで遭遇。

 「太陽が丘って、屋根はあるんですかねえ」(イカスミさん)

 我が家も同じことを思っていたところだ。そう、この日の心配はお天気だったのだが、その不安は的中。スタンドに屋根なんぞ全然ないし、途中、土砂降りにも見舞われながらの応援となったのだが、この雨が勝利への伏線になろうとは、一体誰が想像していただろうか。

 川鍋が警告累積で不在。代わりにCBに入ったのはタチコだ。FWは大島と中嶋。なんだかすっかり、おなじみのコンビになったな。

スタメン
17,29
  10
8,5,20
7,3,2,16
1

4cd62a88.jpeg

 キックオフ前に結構降っていた雨は、ゲーム開始に合わせるように止んだんだが、試合が始まると再びポツリポツリ。「あーあ、参ったなあ」。濡れながらの観戦は決して気持ちのいいものではないが、これが北九州にはプラスに働いたのだから痛快だ。

 前半17分、ほぼ中央の右端で、ボールを持っていた相手選手が雨で濡れた芝でつるっと足を滑らせる。このチャンスを逃さず、すかさずボールを奪ったのが中嶋だ。ずんずんと右サイドからゴールに迫って、相手GKの左側へシュート! GKの手は届かない。詰めていた大島がきっちり押し込んで先制! よっしゃよっしゃ。こういう思わぬ形でもらったチャンスをモノにできると波に乗れるぜ。
IMG_0587-1.jpg
 やったぜ! でもまだ1点。この調子で攻めるぞ。

 すると21分にも、中嶋からパスを受けた大島がシュート(右へ外れた)、その直後には相手陣内でボールを奪った関がシュート(これも右枠外)、28分には再び関が、中嶋からのボールをループ気味のボレー(クロスバー)と追加点を挙げそうな雰囲気がたっぷり。しかし、なかなか決めきらん。

 それでも、持ち味の堅守にほころびはない。終盤には自陣でFKを与えたり、CKを与えたりしたが、大丈夫、大丈夫。きっちり防いで、さあ、後半。

 後半に入っても北九州の時間帯は続行。後半3分、中嶋のゴール上方へのシュートはクロスバーだったが同8分、ゴール左側から中央方向へ抜け出した中嶋の動きは、佐川印刷はどうにも止められなかったらしい。エリア内で中嶋が倒されて、PK。佐野がまたしても決めて(これでPKは3試合連続だ)、2点差。よーし、順調、順調。
IMG_0588-1.jpg
 サポ陣もこの日一番の盛り上がりだ。

 あとはこのまま気を抜かず、得失点差をどうにか稼いでおきたいところ。で、まだまだ攻めるんだが、中嶋のシュート(GKに防がれた)、重光の好クロス(誰も合わない)、中嶋と関の好コンビネーション(また防がれた)と次々にいいシーンを演出しながら、ゴールを割れない。あー、3、4点ぐらい取っていても良さそうだったのになあ。

 終盤にも、関のシュート、佐野のFK、途中出場の長谷川のシュートなど、散々相手ゴールを脅かしながら、追加点は奪えず、ロスタイムへ。CKから失点したのは余計だったが、最後は危なげなく時間を消費して、逃げ切った。勝ち点3をゲット。
IMG_0594-1.jpg
 首位の佐川滋賀が引き分けとのことで、勝ち点差は「6」に接近。次のホームでの直接対決を制すれば、さらに接近。「VでJ参入」のストーリーは、いよいよ終盤だ。
<update 2009.10.19 12:19>
2-1 VS「V・ファーレン長崎」@佐世保市総合グラウンド陸上競技場(長崎県佐世保市)
DSC_1603.JPGDSC_1604.JPG

 九州リーグ時代からの好敵手を相手に際どく逆転勝ち。長崎とはいつも厳しい試合になるなあ。いやあでも、この白星は非常に大きい。おかげで気持ち良く帰れるぞ。

 佐世保での観戦は初めて。このグラウンドに来るのも初めてだ。迎えてくれたのは、ジャパネットたかたのマスコット「ジェイ君」。さすが佐世保。

 声出し隊は、屋根なしのゴール裏芝生席に陣取る。結構傾斜が緩く、向こうサイドのゴールがよく見えないが、柿泊もこれぐらいの距離感だったかな。まあ仕方がない。
DSC_1609.JPG

 スタメンには大島が名前を連ねた。重光が累積で不在の右サイドには冨士が入った。あとはほぼ、おなじみの顔触れ。

 序盤からチャンスを演出したのは北九州。誰だか(前半は向こうサイドでの攻撃なので、誰が誰やらさっぱり見えない)のシュートで何度もゴールを脅かす。しかし決まらん。遠目には、相当惜しい感じに見えていたが。

 そうしたら今度はピンチの時間帯だ。15分ぐらいに正面からシュートを食らう。シュートコースにうちの選手は誰もいない。やばいぞ、というシーンだったが、長崎のシュートはヒットせず、スライス回転でゴールの右横へそれた。助かった~。

 直後にはうちの左サイドを上がられて、ゴール前にクロス。シュートは枠外。20分にもシュートされるが、水原が真っ正面でキャッチ。ふう、危ない、危ない。

 うちも反撃だ。関のクロスから誰かのシュート。これがまた、実に惜しい感じで外れる。あー、もどかしいなー。

DSC_1646.JPG

 結構暑いし、そろそろ何とかせんと、苦しくなるなあと思っていたら、失点した。ゴール前で混戦になり、一度はクリアしかけたんだが、相手ボールで混戦が続いてシュートを食らう。水原が左に飛ぶけど、届かず。まあでも、時間はまだあるから、前半のうちに追いついて折り返そう。

DSC_1643.JPG

 イレブンも気落ちはない。猛烈モードへのスイッチが入ったぞ。シンプルに前へ前へとつないで、ゴールを目指す。

 その気持ちが実を結んだのが40分すぎ。中嶋がゴール目前に抜け出しかけたんだが、なんと相手に後ろから背中に乗られて、べちゃっとつぶれた。ファウルだ。よしよし、直接FKだな。と思ったら、おおっ、PKか。エリア内の出来事だったのか。よっしゃよっしゃ大チャンス。

 蹴るのは佐野。相手GKは左へ、ボールは右へ。ポストに当てながら、ゴールに収まった。同点。
DSC_1639.JPG
 盛り上がるサポ陣。よーし、これで何とかなるだろう。

 勝負の後半。序盤はお互いに単調に推移したが、地力と余力に勝る北九州が意欲的に攻め込む。後半16分、CKからつなぐが惜しくもゴールには至らず。しかーし、同20分すぎ、前線に送られたパスを受けようとした大島が倒れた。これね。
DSC_1660.JPG
 倒れたというより、倒されたらしい。おお、またしてもPKだ。1試合で2度のPKなんて初体験かもしれんなあ。ジャッジで苦しめられることもあれば、助けられることもある。これがサッカーというスポーツなんだなあ。

 で、蹴るのは、再び佐野だ。
DSC_1663.JPG
 今度は左へ、あっさり決めた。古巣相手にPKを2発。重圧のかかる場面だったろうけどなあ。きっちり決めてくれて有難う。

 再び大盛り上がりのサポ陣。
DSC_1666.JPG
 メーンスタンドにも黄色が目立っていたこの日。アウェー感を感じさせないスタジアムの盛り上がりだった。

 その後も、うまく時間を掛けた攻撃で、チャンスは何度も演出。追加点には至らなかったが、しっかりした試合運びで安心して見ていられた。交代枠も全部使い切って、有効に時間を消費する。

 そしてタイムアップ。歓喜のサポ陣。
DSC_1691.JPG
 みんないい顔をしている。そういえば京築さんが、珍しく最後列で観戦していたが、勢いを付けてダイブするために、ここにいたんだろうか。何度も思いっ切り飛んでいたな。

 これで2位に再浮上。首位佐川追撃態勢が再び整った。しかも、5位との勝ち点差は5と、J参入圏内にずんずんと突入している。なんだか腰の後ろ辺りがぞわぞわしてきた。これから、勝つたびにこんな気持ちになるんだろうか。
DSC_1698.JPG
<update 2009.09.30 10:52>

1-1 VS流通経済大@たつのこフィールド(茨城県龍ケ崎市)

 昨年はわがふるさと、茨城県での観戦がかなった流経大戦だが、今年は留守番部隊。逆転負けを食らった昨年同様、若い人たちを相手に真夏の昼間の戦いとは結構つらい条件。昨年の教訓があるから大丈夫さ、と信じながら、大丈夫やろかとちょびっと心配もしていたわけだが、結果は1-1のドロー。先制された後の同点弾が日高だったとは嬉しい限りだが、逆転まではならなかったのかー。

 これで、首位佐川との差が開いたなあ。でも、勝ち点1が取れたことは大きい。2位を保てた。少しでもいい位置にいる方が、高いモチベーションが保てるのは間違いないからね。

 そして迎える次節のホーム戦の相手が、眼下の敵、ユニホームが二十世紀梨の皮の色をしたガイナーレ鳥取だ。アウェーではがっぷり組んでスコアレスドロー。ホームではしっかり仕留めてもらおう。得失点差も落とし込んでおきたい相手だしね。イレブンの皆さま、どんどん点を取ってね。うちらも精いっぱい声を出すから。

<update 2009.08.10 22:34>

3-0 VS「FC刈谷」@ウェーブスタジアム刈谷(愛知県刈谷市)

 試合のあった土曜日は仕事に従事で、メルマガ速報をじっと待っていたが、やってくれるね。3-0で快勝だ。仕事場で一人、ニヤついてしまったよ。佐野も片野も出場停止だったが、しっかりカバーしてくれた。頼りになる男たちばかりだぜ。

 これで、日曜日に横河武蔵野が引き分け以下なら今節2位。どれどれ、とJFLの公式ページをのぞくと・・・。うぉー、横河武蔵野は逆転負けを食らっているではないか。

 来た来た! 開幕2試合目以来の2位だ。失点せず、じっくりと我慢しながら勝ち点を積み重ねてきた成果だな。気付けば、首位との勝ち点差も「5」まで縮まっている。

 あぁ、ということは、あの時、ラブホテルの隣の守山で佐川に勝っていたら、今ごろ首位・・・。いやいや、そんなことは言うまい。この後でひっくり返せばいいだけだ。優勝&J参入という目標への道筋は、やっぱり薄れていなかった。九州リーグ初優勝の時と、なんだか似た流れになってきたんじゃないかい? 今年の堅い守備も優勝した時と同様。うれしい記憶を呼び起こす、いい感じになってきたぞ。

 下との勝ち点差もわずかだが、最高にワクワクする展開になってきた。北九州市民、および北九州にゆかりのある皆さん、今こそニューウェーブ北九州の試合を見ておかなくては、人生の損失ですよー。
<update 2009.07.27 0:54>
ギラヴァンツ北九州提供ブログパーツ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
遠征の際に便利


プロフィール
HN:
フカヒレスープ
性別:
男性
職業:
会社に金で雇われている
趣味:
麺喰い
自己紹介:
1973年3月生まれ。茨城県出身

*このブログへのリンクはフリーです

Powered by NINJA TOOLS



ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
最新コメント
[05/16 Backlinks]
[01/14 rball_japan]
[09/04 フカヒレ]
[09/03 ぱぽん]
[07/27 フカヒレ]
最新TB
お天気情報
J公式パーツ
J公式によるギラ情報
忍者ブログ [PR]