忍者ブログ
絶対負けんぞロアッソ、アビスパ、サガン、トリニータには。早よ上がって来いVファーレン、レノファに、その他JFLでの同志たち。麺好き男「フカヒレスープ」が送るギラヴァンツ北九州応援の日々を綴ったブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2-2 VS横河武蔵野FC@本城陸上競技場(北九州市八幡西区)

 うかつだった。出発直前まで、九州道の一部通行止めをすっかり忘れていた。須恵PAのスマートインターは使えないし、福岡都市高に乗ったら乗ったで混雑。ああ、痛いロスタイムだ。

 それでも、キックオフ5分前には到着したが、今度は駐車場が満車。あちゃー。では、鮮ど市場へ、と思ったら、あれっ、土曜で営業中だから止められないのか。あちゃー。仕方がない、別の所に止めて、徒歩で本城まで戻るとしよう。遅刻したおいらが悪いんだから。

 と戻ってみたら、あれれれ、スタジアムに至近の関係者用の駐車スペースに、普通の観戦者が車を止めているぞ。警備員さんに聞くと、どうやら、空車がある時はキックオフ後に開放するようだ。そうだったのかー。同じ失敗をしないように、よく覚えておこうっと。もっとも、早く来れば済む話だけど。

 そんなこんなで前半20分すぎに到着。入場ゲートを通過する。すると同時に、スタンドが沸いている。なんだなんだ、と階段を駆け上がってピッチを見渡すと、あぁ、失点。なんてこった。

 気を取り直して、いったん入場口そばまで戻って、モニ太とウェービーのコラボTシャツを買う。2週前にここで注文したけど結局、期日までに配送されなかった品物だ。でも、おかげで助かった。この日、ここで特別販売されていたおかげで、配送料と代引き手数料を取られずに済んだ。前回もここで売ってくれていたら、何の問題もなかったのになー。とにかくまあ、出会えてよかった。

 ちゅうわけで、腰を落ち着けるまでに随分と時間を要したが、おかげでちょうど北九州の時間を堪能できた。まず、メーンからバックへ移動する途中に、同点に追いついた。セットプレーからの混戦からこぼれてきたボールを、関がうまく扱って相手を交わしてシュート。ずどん。

 それから2分後に今度は佐野。FKで得点。あらら、あっという間に逆転だ。先制されたら主導権を奪い返せず、というゲームが多かったが、ひっくり返したぞ。地力を上げたなー。

 しかし後半7分、コーナーキックから追いつかれた。ゴールキックか、コーナーか、微妙なボールだったが、判定は判定。しかし、気持ちの切り替えが遅れたのだろうか。フリーの相手にどんぴしゃりと合わされて失点した。痛い。
DSC_0486.JPG
 片野のそばで飛んでいる選手はおとりか。左側に、フリーの#2がいるな。この選手に決められたんだな。

 それからは、どっちに転んでもおかしくない展開。うちは長いFKやCK、ロングスローなどで惜しい場面を何度も演出したが、際どく守られた。武蔵野には何度か裏に抜け出されて、ゴール寸前まで迫られたが、こっちもどうにかしのぐ。やれやれ。
DSC_0493.JPG
 最後はタチコを投入して前線に配置。勝ち点3を取りにいくが、結局そのまま2-2で引き分けた。

 勝てなかったが、絶対負けちゃいけない相手だっただけに、最低限の結果は残せた。後期は、こういうゲームがずっと続くんだろうなー。集中力、精神力を保って乗り切ろう。
DSC_0504.JPG
<update 2009.08.02 16:26>
PR

1-0 VSソニー仙台SC@本城陸上競技場(北九州市八幡西区)

 スコアだけ見たら、ああ1点取って勝ったのね、というゲームだが、きょうの内容はひと言じゃ片付けられん。ワクワク、ハラハラ、うきうき、ドキドキ、最後に感動。実に濃密な90分間+αが、記録に表れないのがもどかしい。

 この日はレディースデーとやらで、女性は500円。シーズン初めに購入した17枚セットの券の残りも少なくなってきたし、妻はそれを利用して入場。

 今年初のナイター。といっても、まだ日は残っているが、夕方だとやっぱり涼しくていいなー。風も心地よい。

 メーンスタンドにはビッグフラッグ。前回登場時は我が家はお休みだったので初めて見た。
DSC_0338.JPG
 いい出来栄えだし、いろんな応援者が増えてうれしいなー。

 スタメンは前節と同じ。FWは宮川と長谷川のコンビ。

 前半は明らかにうちのペース。ちょっとやばいかも、という場面は、開始直後にいいクロスを入れられたのと、24分に枠の外へいったシュートぐらい。あとは圧倒的にゲームを支配。特に佐野から、いいボールがポンポンと出る。FKやCKも抜群の精度で、実に惜しい場面ばかり。もっと早く点が取れていても良かったが、やっとやって来た歓喜の場面は30分。左からのCKで、誰か(どうやら伊藤だったらしい)が頭でポンとつないだボールを、川鍋がヘッド! ゴール左ネットへ。
DSC_0352.JPG
 ゴール前で右手を挙げて喜んでいるのが川鍋だな。2試合連続得点だ。やるなー。その横で倒れているのは誰だ?

 サポ席も大いに盛り上がる。
DSC_0356.JPG
 水しぶきがキレイに飛び散っている。

 前半終盤には枠に飛んできた鋭いシュートがあったが、我らが水原が防御。よしよし、1点リードを保って折り返しだ。前節と同じだな。

 これで後半に流れの中で加点すれば、まさに前節の再現。しかし、甘くなかったなー。長谷川がヘディングでゴールに迫ったり、セットプレーから川鍋が再び頭で合わせたりと、惜しい場面はあったが、時間の経過とともに、だんだんと押される展開になってきた。昨年は何度も痛い目に遭わされたソニー仙台の速いクロスが、びゅんとわがゴール前に供給される。危ない、危ない。どうにか防いでいるが、不安だぞ。どうにか守ってくれよ。

 終盤、CKを与えたところで、タチコを投入。勝っている状況でも、先に手を尽くすような選手交代が最近は多いな。いいことだ。おかげで、このCKもしのいだぞ。

 しかし終盤、再び大ピンチがやって来てしまうのであった。後半43分ぐらいのこと。クロスを入れられて、水原が跳んでキャッチ。しかし、足元に2人ぐらいが倒れていてバランスを崩す。ここで笛。ん、ファウルか。ええっ、うちのファウル? ということはPKか。ファウルを取られたのは片野。後半に入って1枚もらっていたので、これが2枚目。退場。ああ、なんということだ。そりゃないぜ、とレフェリーに詰め寄るイレブンの気持ちは、うちらも同じだ。

 絶体絶命。でも、こんな場面を何度も助けてくれた男がうちにはいるじゃないか。黙って水原にすべてを託そう。

 笛。キッカーが動く。水原は左へ動いた。ボールも同じ方向だ。水原の胸に吸い込まれるかのように、転がっていった。がっちり止めた。おっしゃー。
DSC_0377.JPG
 得点の時以上に盛り上がるスタンド。いっぺんに3点ぐらい取ったみたいな気分だ。メーンスタンドの、勝利の黄色い傘の花がもう咲いている。

 でもでも、ピンチは続行したのだ。その後は、CKからゴールを割られたが、レフェリーが何かジェスチャーをしている。ファウルか。助かった。ロスタイムは4分もあったが逃げ切った。

 試合後、あいさつに来るイレブンの顔が皆、すがすがしい。思えばこの前のホーム戦は、敗戦後にサポとイレブンの間でエキサイトしたゲームだったんだったよなー。あれから1カ月か。それだけにひとしおだろう。
DSC_0388.JPG
 その前回のホーム戦後、あいさつ後にぷいっと帰っていった水原が、この日はサポの声に応えながら、やたらとユニホームで顔をぬぐっている。それでやっぱり、ぷいっと帰っちゃった。きっと、この前とは違った思いが込み上げてきていたんだろうなー、と想像する。熱くていい男だ。

 泣けるいいゲームだった。涙なしでは見られぬ北九州劇場。しかも、試合後に初めて知ったが、この日は以前にうちにいた久末智が、サッカー少年たちを引き連れて、バックスタンドで観戦していたようだ。頼れるセンターバックとしてチームをけん引してくれた元主将。これまでのチームを支えてくれたOBの顔がスタジアムで見られるのは、本当にうれしい。

 そういや、ハーフタイムの抽選会で、JFLの公式ガイドブックが当たった。結構来ているのに、抽選で何かが当たったのはこれが初めてだ。次回はスターフライヤーのチケットがいいなー(みんなそうだろうけど)。
 

<update 2009.07.21 14:23>

1-2 アルテ高崎@本城陸上競技場(北九州市八幡西区)

 先週は何とかして勝ち点3を取ったけどなー。今週は何ともならなかったなー。そりゃー、相手のある勝負事だから、どうにもならん時もある。でも、何とかなりそうなわくわく感に乏しかったのが残念。

 スタメンは、センターバックに片野と伊藤を置く最近おなじみの布陣。先週と同じだな。

 前半は、メーンスタンドのアウェー側の外れの方(北九州サポ陣の対角)で観戦。前後半とも、目の前で北九州の攻撃をたっぷり楽しもうという算段だ。相手は今季のJFL得点王が出場停止で不在だし、きょうはいい場面の写真がいっぱい撮れるだろうなあ。

 よしよし、ゴール前に詰め寄ったぞ。北九州の得点王長谷川がシュートするが、ああ、防がれたか。まあでも大丈夫。チャンスはまたすぐにくるさ。
DSC_0060.JPG

 と見守っていたが、甘い期待だった。11分、あれれっという間に先制された。中盤から前線に放り込まれたボールに、ダイレクトで合わされて失点。ほいっと飛んだシュートは、うちのゴール右にぱさりと吸い込まれたのであった。あちゃー。事故みたいな失点だが、失点は失点。痛い。

 それからはうちも、チャンスは何度もつくったんですよ。15分にはFKから片野がシュート! 決まらん。25分には佐藤が好クロス! 阻まれた。その直後には佐野が左サイドから折り返してゴール前の河内へ。シュートまで至らん。うぉー、なんでそのあと数メートルがどうにもならんのだ。そういやオフサイドもあったな。惜しい場面ばっかりなのに。ああ、これぞサッカー。
DSC_0064.JPG
 これは片野のシュート。

 追いつけないままに前半も終盤へ。すると35分に失点した。高崎が前線に速めのクロス。そっちの方面にはうちの選手がいたが、対応できない。すり抜けたボールは相手に渡って、絶体絶命の場面。決められた。2点目。痛い。まさか2点を追い掛ける展開になろうとは。

 41分にはゴール近くのFK。佐野から日高にパスして、日高がシュート。ゴール上方の枠内にいっていたが、相手の長身GKに弾かれた。惜しい。2点差のまま後半へ。

 後半は開始からタチコを投入。よーし、とにかくぼんぼん放り込んで、何とかしてもらおう。すると後半11分に得点。タチコのヘッド。よしゃよしゃ。この時間に取れたら、希望は広がる。
DSC_0082.JPG
 サポ陣にも喜びが広がる。勝利まであと2点。頼むぞ。

 ああ、でも簡単にはいかんなー。終盤になるまで、波状攻撃もあまり見られなかったしなー。結構じっくり攻めていたが、これであと2点取れるのかなー、と見ていたが、結局その後、まさか1点も返せないとは。

 試合終了と同時に高崎GKが勝利の雄叫び。整列後、うちの高崎コールに律義に深々と礼をしていた姿を見ると、いいヤツなんだろう。

 勝っていれば4位に浮上できていたのだが、ああ勝負弱い。昔の海邦銀行戦で、シュートは4本しか打たれなかったのに2-3で負けてしまった残念なゲームをなんだか思い出した。

DSC_0100.JPG
 ゲーム後、イレブンがあいさつに来たが、サポ陣との間でエキサイト。ここで戦ってどうする・・・。われわれは、「J参入へ」という街の一大プロジェクトの成否と戦っているわけで、このプロジェクトに賛同者として乗っかった以上、本来戦うべき相手は、もっと大きなものだと思うんだが・・・。

 ホームでまた後味が悪い結末を迎えるとはなー。雨は降らなかったがどんよりしていた、この日の空模様のような気持ち。
DSC_0070.JPG
<update 2009.06.26 9:39>

1-0 VS「V・ファーレン長崎」@本城陸上競技場

 観戦ならずだったが、とにかく勝って良かった。それに尽きる。

 スコアを見た限りだと、結構ドキドキの展開だったんだろう。後半終盤まで無得点。開幕戦のドローが頭をよぎった方もいるかもしれない。

 それでも、8000人超のお客さんの前で、今度は結果を出した。こうやってたくさんの市民に、楽しい思い出を持って帰ってもらえることが重なっていけば、街の雰囲気も変わってくるだろう。良かった良かった。

 首位との勝ち点差は8。上位が2、3試合連続でコケても全く不思議はないし、「VでJ参入」も、まだまだ現実的な目標。気持ちをブレさせずに戦っていこう。

<update 2009.06.09 10:03>

0-0 VS「Honda FC」@本城陸上競技場@北九州市八幡西区

DSC_9534-1.JPG あちゃー、また引き分けか。先週も惜しい引き分けだったしなー。昨年は、北九州の引き分け全10ゲームのうち、8試合を観戦していたという「引き分け大王」のおいらの本領発揮か。いやいや、そんなことではいかんのだ。次に観戦に来た時はちゃんと勝ってくれよ。

 この日は川鍋が、警告累積で出場停止だったので、タチコがセンターバックのスタメン。あとは先週と同じ顔触れ。

 前半はメーンスタンドで観戦。しかも北九州ゴール側で見ていたので、惜しい場面を間近に何度も見ましたよ。特に35分のシーンは惜しかったなー。タチコから前線の長谷川へ通って、中央へ折り返して少し混戦になったところを佐藤がシュート! 8割方、決まっていたはずのシュートだが、キーパーに弾かれた。なんでそこにいるかなー、キーパー。この辺が、「門番」の底力なんだろうか。さすが手ごわい。

 後半はバックスタンドに移動して、サポ陣に交じって声援を送る。
DSC_9527-1.JPG
 イレブンは頑張っているんだが、どうしてもゴールまでいかない。いい形はあったけど、あと一歩だったなー。

 しっかしキャプテン桑さんは頑張っているなー。色んなところに顔を出す。あれだけ動いているのに、後半になってもまだ動けているもんなあ。すごいなあ。試合後は、チームメート同士のトラブルもがっちり防御。さすがだなー。
DSC_9535-1.JPG
 で、心配のタネはそのトラブルですよ。まあでも、陰でぐちぐち言うのではなく、直接やり合うこと自体はいいことですよ。お互いに、より良い方向を目指す気持ちがあるからこそだと思うから。「まあ、なんでもいいや」と投げやりになったり、「やってられるか」って一人で勝手に違う方向を向いたり、なんてことになってしまうことの方が怖い。昔昔のチームも、守備陣と攻撃陣で、どこかぎくしゃくした時期ってあったもんなー。そんなこんなで今がある。

 と、取りあえず好意的に解釈して、次の試合に期待してみる。

 ゲーム後は、同じ会場であった福岡経済大との練習試合を観戦。うちのメンバーは・・・

船津
小野、川鍋、ドグラス、永野
久保田、関、藤吉、冨士
中嶋、アラン

 こんな感じ。永野はやっぱりヘディングが強えなー。後半は古賀も出てきた。やっぱりいいスピードだなあ。髪が伸びた小野は、お、動きのキレが昨年よりあるんじゃないかい?

 うちは中盤の寄せがむちゃくちゃ速く、大学生はなすすべなし、ピンチらしいピンチは全くなかった。こんなに力量差があるのか。大学生は監督に怒られっぱなしだったなー。

 控え陣がしっかりしているのは頼もしい限り。こりゃあ、チャレンジリーグも面白そうだな。

<update 2009.05.26 11:34>

ギラヴァンツ北九州提供ブログパーツ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
遠征の際に便利


プロフィール
HN:
フカヒレスープ
性別:
男性
職業:
会社に金で雇われている
趣味:
麺喰い
自己紹介:
1973年3月生まれ。茨城県出身

*このブログへのリンクはフリーです

Powered by NINJA TOOLS



ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
最新コメント
[05/16 Backlinks]
[01/14 rball_japan]
[09/04 フカヒレ]
[09/03 ぱぽん]
[07/27 フカヒレ]
最新TB
お天気情報
J公式パーツ
J公式によるギラ情報
忍者ブログ [PR]